クイックターンの速く回るコツ

クイックターンで速く回ることが出来ていますか?
クロールや背泳ぎでのターンで、せっかく上手な「入り」ができるのに、回転が遅くなって推進力を大きく落としてしまう選手も少なくありませんね。

 

 

そして、水中で前回転するような動作をして進行方向を変えるのがクイックターンですが、その回転速度が上がり速く回ることが出来れば、効率の良い泳ぎ出しが出来るので、タイムを縮めることに繋がります。

 

 

そんなクイックターンの速く回れるコツとしては、一連の動作中にキックとプルを取り入れることでしょう。そうすることで、更に回転速度があがります。
キックというと推進力を得る為だけではなく、ここでは水の抵抗を利用して回転の補助に使う為に、ターンに入る寸前にドルフィンキックを入れるのです。

 

 

そうすれば下半身が上方向へ、逆に上半身は下方向への力を受けるようになるので、これを利用して上半身を一気に沈め、素早く体を折り曲げて回転動作に入るようにするのです。
ですが、出来ない選手は、両掌を水底に向けたうえで、胸が腿につくような感じで頭を突っ込む時に間違ったやり方をしています。

 

 

更に、ターンの前回転動作に入ってから、水の中に頭が入っていく際に、両手のひらで水を掻くプル動作を入れて、回転スピードを上げましょう。
この時には両手でバンザイするような感じになり、自分の方に手のひらを向けて、手首を返してしっかり手のひらで水をとらえることが大切です。

 

 

そして、単に前回転するだけでは、ターンが終わった時に仰向けになってしまうので、その段階で体を半分ほど捻って壁を蹴り、後の半分は泳ぎに入る流れの中で体を捻るようにします。
このようにすれば壁を力強く蹴ることが出来るので、一番ロスが少ないでしょう。

 

 

また、ターン後に壁を蹴る時の脚の水深は、50センチくらいが良いです。
それ以上浅くなると水面に出来る波の抵抗を受けやすくなりますし、かといって深くなり過ぎると、それだけ潜らないといけんくなり負担も増えるからです。

 

 

上手く出来ない時は、まずはターン後の体のひねりは考えないで、仰向けのまま蹴り出す練習すると、次第にクイックターンのコツも掴めてくるでしょう。

 

 

この世界水泳選手権大会リレーコーチ 村上二美也、古賀哲也指導の水泳スタート&ターン攻略プログラムDVDでは、ビート板の浮力と抵抗を上手く使った、ターンの回転速度を上げるトレーニング方法が映像で分かりやすく解説してあります。入り、回転そして転換への推進力を限りなく効果的にする、一押しの練習法です。、

 

更に、タイムロスしないためのターンの回転速度アップ法も学べるので、この機会にしっかり取り組めば、短期間で大幅にタイムを縮めることが出来るでしょう。

 

タイムロスしないためのターンの回転速度アップ法をお教えします!

 

水泳スタート&ターン攻略プログラムの詳細を見てみる