メドレーでのターンのコツ

水泳(競泳)の個人メドレーのターンは、スピードアップを目指すスイマーの大きな課題の一つですね。
苦手にしている選手も少なくないのではないでしょうか。

 

まずは分かりやすい個人メドレーターンの動画があったので見て下さい。↓↓

 

 

 

水泳で最も使用するのが、クロールや背泳ぎで用いる壁に手をつかずに、水中で回転して足をつくクイックターンとタッチターンですね。
最初はこれらをマスターすれば十分でしょうが、個人メドレーとなるとバタフライから背泳ぎ、そこから平泳ぎへのターンへと続き、この2種類の特別なターンを上手く出来るようにすることがタイムに大きく関わってくるでしょう。

 

 

そして、まずバタフライから背泳ぎのターンのやり方は、動画にもあるように壁を上からこすって後頭部から入水し、あまり壁を押さないようにします。
進む勢いを止めるようにしてしまと、どうしても腕で壁を押すような感じになり、そうなると回転する際の力が十分に得られなくなり、体が壁から離れてしまうのです。

 

 

その為、手のひらと指で壁をこするようにして、進む勢いを縦回転の力に換えるようにするのがコツです。
また、バタフライはストロークしたすぐ後が最も推進力があるので、速度が落ちてきた瞬間を見計らってにタッチすると良いですね。

 

 

ただ、この時は肘を張らないようにし、進む勢いを吸収しながら壁をタッチしましょう。
肘を伸ばしたままだと、ターン後に壁から離れてしまい、キックがそれだけ遠くなってしまうのです。

 

 

次に、背泳ぎから平泳ぎへのターンは、動画を見ても分かるように体の向きを横回転をして変え、キックしてからローリングでうつ伏せになります。
ですが、この時に足が完全に沈んでいると抵抗を受けてしまうので、水面から踵が出るくらいに持ち上げるようにしましょう。

 

 

ですが、上げすぎると腰が落ちて逆に悪くなるので注意してくださいね。
なお、ターンに掛かるタイムを短縮するコツは、膝と股関節を折り曲げて、体の近くまで引き寄せて、回転半径をちいさくして、コンパクトに素早く回ることを意識して行うと良いでしょう。

 

 

どちらにしても、個人メドレーでのターンに苦手意識があるようなら、どこかに問題があるので、細かいところまで改善方法を知ることで、タイム短縮に繋がるでしょう。

 

 

この世界水泳選手権大会リレーコーチ 村上二美也、古賀哲也指導の水泳スタート&ターン攻略プログラムDVDでは、ターンの最終局面&毎日やりたいドリル集などの練習方法やコツが収録してあるので、メドレーでのターンが上手くなりたい選手やその指導者の方は参考になるでしょう。

 

メドレーでのターンを得意にしたい方へ

 

水泳スタート&ターン攻略プログラムの詳細を見てみる