ターン後に水を飲む

水泳のターン後や息継ぎの時に水を飲むということはありませんか?
レースでは全ての選手が一斉に泳いでくるので、ターンをする壁に向かってかなりの波が立ちます。

 

 

このせいでを息継ぎの際に飲んでしまうのでしょう。
そういう私も水を飲んで酷い目にあった経験があります。

 

 

特に平泳ぎやバタフライの場合は、ターン後にすぐに浮きあがって前を向いて息継ぎをするので、自分の泳いできた波をまともにかぶってしまい、ガブっと水を飲んでしまうことになりますね。

 

 

その為、ターンをする前にしっかり息を吸って、壁を蹴った後は2回くらいはドルフィンキックを打って、水中で波をやり過ごすと良いです。
また、この時には水中を進みながらキックのタイミングに合わせて、ストロークやり始めるのが一番でしょう。

 

 

今のプールは以前に比べて、コースロープの品質も良くなり、波消しプールが殆どになりましたが、時には箱の中のように波が流れていかないプールで泳ぐこともある筈です。
その為、レース前のウォーミングアップの時にでも確かめておくと良いでしょう。

 

 

この世界水泳選手権大会リレーコーチ 村上二美也、古賀哲也指導の水泳スタート&ターン攻略プログラムDVDでは、ノーブレイン&アウトターン、前後5メートルだけ息継ぎをしないで行うトレーニングなど、種目・距離・特性で判断しながら練習方法を組み立てることが出来るように解説してあります。

 

最短でスピードアップするためのターン練習メニュー策定方法とは?

 

水泳スタート&ターン攻略プログラムの詳細を見てみる