水泳のスタートのコツ

水泳(競泳)のスタートはその出来次第でタイムに大きく影響してきます。その為、スタートの勢いをいかにスイムに結びつけていけるかがポイントです。
ここではそんな水泳のスタートのコツなどを中心にお伝えしています。
上達の参考になれば幸いです。

スタートのコツ記事一覧

水泳の飛び込みスタートが上手く出来ていますか?競泳のスタートはクロール、平泳ぎ、バタフライのスタートはいずれも飛び込みでレースを始めますね。その為、飛び込み台を蹴ってから水中に入るまでのテクニックは3泳法とも同じになり、可能な限り遠くを目標にすることや、入水時に体を一直線にする、指先から浅い角度(理想は45度)で入水するなどがコツで、効果的タイムアップに不可欠でしょう。スタート台を蹴って飛び出した...

水泳の飛び込みでのスタートには2種類ありますが、それぞれの長所と短所をご存じですか?ダイナミックに空を切り、水中に滑り込む飛び込み。そんな水泳のスタートにはグラブスタートとトラックスタートがありますね。グラブスタートは両足を揃えてスタート台に立つて飛び込む、一般的な方法です。両足を肩幅に開き、膝を少し曲げて足指をスタート台に踏み切りやすいようにフックさせて、両手を下げ水平より少し上を狙って飛び出し...

タイムが伸び悩んでいませんか?水泳)競泳)でのスタートやターン練習は、今のタイムを縮める大きな可能性を秘めていますね。何故なら、スタートやターンは、練習をすればするほど上手くなるテクニックだからです。繰り返し何度も練習することで体に染みつき、忘れにくい技術でもあるのです。しかも、スタートやターンの練習を疎かにしているスイマーも少なくありません。その理由として考えれるのは、水中での練習を減らしたくな...

水泳(競泳)でのクラウチングスタート(トラックスタート)が上手く出来ていますか?特に最近はスタート台にバックプレートが取り入れられるようになってから、スタートでの動作いかんでこれまで以上に加速度が得ることが出来るようになってきましたね。ですが、その分、空中での体勢や入水角が悪くなってしまうと抵抗が大きくなり、せっかくの高くなった加速度での勢いを十分に生かしきれなくなってしまうのです。更に、スタート...

背泳ぎの浮き上がりは、バタフライキックを仰向けで行うバサロキックで行いますね。ですが、バサロキックからの浮き上がることが下手だと大きなタイムロスになります。バサロキックは、胸から上を出来るだけ固定して、水の抵抗をを少ない姿勢を作って、みぞおち辺りからうねるようにしてバサロキックを打ちます。可能ならば15mまではバサロキッウで進むようにすると良いですが、自分でもっと早く浮き上がったほうが速くなると思...

スタートのスピードを維持することが出来ていますか?水泳(競泳)の泳ぎの中で一番スピードが出るのがスタートの瞬間ですね。ですが、スタートでの飛び込みでの勢いを上手くいかせていない選手も少なくありません。そいて、まず気をつけたいのが入水すると水の抵抗を受けてスピードは落ちて行きますが、跳び込み後は泳いでいるよりスピードが出ている間は、スタートのスピードを維持する必要があるのです。スタートやターン後には...

背泳ぎのスタートの構えはどのようにしていますか?タイムを縮めるには泳ぎの動作はもちろんのこと、スタートの動作をよりよくすることも大切ですね。そして、スタートで1番重要になるのが、出来るだけ水の抵抗を小さくして入水することですが、最近のトップスイマーに多く見られるのが顎を上げ気味にするという構え方です。これは背筋をギュッと伸ばして、腕で体を引き上げる形になることから、腕の力はもちろんですが、背筋力も...

平泳ぎのスタートでのドルフィンキックが上手く出来ていますか?平泳ぎのスタートとターンの後には ひとかきひとけりのドルフィンキックを入れて加速させることが、タイムを縮めるには欠かせませんね。そんな平泳ぎのスタートでのドルフィンキックの打ち方は、まず、飛び込みの勢いを十分に生かす為にスタートやターンの直後にはストリームラインの姿勢でそのまま進みます。ですが、この時にしっかりストロームラインがとれていな...

バタフライのスタートで、入水後の推進力を落としていませんか?泳ぎの中で最もスピードが出るのがスタートの瞬間ですよね。ですが、入水すると水の抵抗を受けてスピードは落ちていくものです。しかし、跳び込み後に泳いでいる時よりもスピードが出ている間は、その状態を維持することがバタフライでタイムを縮める上では大切になります。したがって、この間は水中でのスピード維持する抵抗が少ないストリームラインを作り、素早く...