スタートのスピードを維持する

スタートのスピードを維持することが出来ていますか?
水泳(競泳)の泳ぎの中で一番スピードが出るのがスタートの瞬間ですね。

 

 

ですが、スタートでの飛び込みでの勢いを上手くいかせていない選手も少なくありません。
そいて、まず気をつけたいのが入水すると水の抵抗を受けてスピードは落ちて行きますが、跳び込み後は泳いでいるよりスピードが出ている間は、スタートのスピードを維持する必要があるのです。

 

 

スタートやターン後には、泳法に」よってドルフィン、もしくはバサロキックを打ちますが、スタート時の飛び込みでのスピードを上げることは出来ないのです。
つまり、キックは抵抗を出来るだけ抑えることが大切で、大きな推進力を得てスピードを更に上げようとキックの動作が大きくなっては、抵抗が増えて返ってスピードが落ち逆効果になってしまうのです。

 

 

したがって泳ぎに入るまでは、しっかり身体を締めた水の抵抗の少ないストリームラインを作って、スタート時のスピードを維持したまま、スムーズに泳ぎに繋げるようにすることが大切です。
その為には、大きなキックではなく、小さく、細かい水中ドルフィン、バサロキックをして出来るだけスピードが落ちるのを抑えて出来るだけ長時間、スタートでのスピードを維持することです。

 

 

また、入水後、ストリームラインからバタ足での浮き上がりでの重要点は、どのタイミングでドルフィンキックを打つかに懸っています。

 

 

この世界水泳選手権大会リレーコーチ 村上二美也、古賀哲也指導の水泳スタート&ターン攻略プログラムDVDでは、飛び込み後、スピードが〇〇の瞬間までのストリームラインの姿勢を保つことなどのポイントが映像で分かりやすく解説してあります。

この機会にしっかり学べば、即タイムが縮まる可能性があるので、伸び悩んでいるスイマーは参考にしてみると良いでしょう。

 

飛び込みでの勢いを上手く活かせない選手が見落としている水中でのポイントとは?

 

水泳スタート&ターン攻略プログラムの詳細を見てみる