平泳ぎのスタートでのドルフィンキック

平泳ぎのスタートでのドルフィンキックが上手く出来ていますか?
平泳ぎのスタートとターンの後には ひとかきひとけりのドルフィンキックを入れて加速させることが、タイムを縮めるには欠かせませんね。

 

 

そんな平泳ぎのスタートでのドルフィンキックの打ち方は、まず、飛び込みの勢いを十分に生かす為にスタートやターンの直後にはストリームラインの姿勢でそのまま進みます。

 

 

ですが、この時にしっかりストロームラインがとれていなと、水をキャッチした時に沈みやすくなったり、泳ぎの上下動も大きくなり、それだけ水の抵抗を受けやすくなります。
実際に、トップスイマーのストリームラインは、頭からつま先まで一直線になって手が真っ直ぐに伸びているものです。

 

 

そして、スタートでの勢いでのスピードが落ちる前に腕を伸ばしたストリームラインの姿勢からひとかき入れて、手を体の横につけてもう一度スーッと前に進み、そこでリカバリーしたところにキックを入れてから水上に上がります。

 

 

また、リカバリーの時には体の真横に手があるので、そこから肘を開かないようにして、体の前で手のひらをなぞるように行い、体の前を通り過ぎたところで手のひらを合わせて、通常の泳ぎに入って行きます。
ただ、手の位置が体からは離れるほど水の抵抗を受けやすくなるので注意しましょう。

 

 

なお、平泳ぎは4泳法の中で一番水の抵抗を受けるので、尚のことスタートやターンでのひとかきひとけりの時のドルフィンキックは、タイムを縮める上で極めて重要な推進力を生むと言えるでしょう。

 

 

この世界水泳選手権大会リレーコーチ 村上二美也、古賀哲也指導の水泳スタート&ターン攻略プログラムDVDでは、入水後のストリームラインの作り方から、ひとかきとキックのタイミングの取り方などのコツがしっかり学ぶことが出来るので、スピードをロスすることなく効率の良い泳ぎが短期間でマスター出来るようになれるでしょう。

 

平泳ぎのスタートで苦手にしてほしくないドルフィンキックの打ち方をお教えします!

 

水泳スタート&ターン攻略プログラムの詳細を見てみる