バタフライのスタートからエントリー

バタフライのスタートは、クラウチングスタートが主流ですね。
この時の姿勢は、クロールや平泳ぎと基本的には同じですが、エントリー(入水)では深く潜りすぎないように注意しなければいけません。

 

 

何故なら、浮き上がりまでに時間が掛かりますし、スイムに入った際にうねりが大きい泳ぎになって、水の抵抗を受けやすくなってしまうからです。
その為、スタートからエントリーでは、上半身が水に入ったところで、最後にすねや足の甲で水面を叩くようなイメージで行い、水中に体を滑り込ませるようにすると良いです。

 

 

このようにすれば、あまり深く潜らずに、入水後に水中ですぐにフラットな姿勢を作りやすくなり、スムーズに泳ぎに繋げやすくなるからです。
ですが、スタートで腕を上に振り上げて、高くジャンプしてしまうと、入水の角度が大きくなり深く潜りやすくなります。

 

 

スタートのリアクション動作では、足でスタート台を後方に押し出すようにし、その際には腕を上に振り上げるのではなく、骨盤を前に引き出す感じで手を頭の上に準備して飛び込み、体の角度が出来るだけ鋭角になるようにエントリーしましょう。

 

 

いずれにしても、スタートで跳び込んだ後のスピードは、バタフライの泳ぎの中で最大になり、この勢いを一番効率よく使う為には、水中でフラットな姿勢を素早く作り、スピードが落ちないようにドルフィンキックを開始し、出来るだけ長い距離を泳ぐのが得策でしょう。

 

 

タイムを大幅に縮める飛び込みスタートの効果的な練習方法やコツをお教えします!

泳法別に理論から練習法まで細かい改善方法が学べます。

 

水泳スタート&ターン攻略プログラムの詳細を見てみる