背泳ぎのバサロキックからの浮き上がり

背泳ぎの浮き上がりは、バタフライキックを仰向けで行うバサロキックで行いますね。
ですが、バサロキックからの浮き上がることが下手だと大きなタイムロスになります。

 

 

バサロキックは、胸から上を出来るだけ固定して、水の抵抗をを少ない姿勢を作って、みぞおち辺りからうねるようにしてバサロキックを打ちます。

 

 

可能ならば15mまではバサロキッウで進むようにすると良いですが、自分でもっと早く浮き上がったほうが速くなると思うなら、無理に15m潜る必要はありません。

 

 

そして、キックを切り替えるタイミングは、クロールと同じように、はじめに掻き始めるほうの手のキャッチ動作に合わせて、最後のバサロキックを打ち、直ぐにバタ足に切り換えます。
水面を見ながら浮き上がり動作を行うことが出来るので、角度が急にならないように注意して、水面に勢いよく浮きあがるようにしましょう。

 

 

なお、背泳ぎのバサロキックからの浮き上がり方は、上記のようにバタ足で推進力を加える方法とバサロキックで行う方法の2つがあります。

この世界水泳選手権大会リレーコーチ 村上二美也、古賀哲也指導の水泳スタート&ターン攻略プログラムDVDでは、浮き上がりの方法の2つの違いを分かりやく説明してあるので、自分に適した方取り入れるをことでタイムロスを無くし、自己ベスト更新に繋がるでしょう。

 

バサロキックが苦手な背泳ぎ選手のスタート練習法をお教えします!

 

水泳スタート&ターン攻略プログラムの詳細を見てみる