ターンの入りの姿勢

水泳のターンの入りでスピードダウンしていませんか?
素早いスムーズなターンが出来るか否かを決めるのは、入りの上手いか下手がが大きく影響してきます。

 

 

ターンはストローク動作の一環ですので、水をかいた勢いを使いながらターン動作に入ることで素早く回ることが出来ます。
そして。自由形のクロールは壁に向かって回転し始める直前の姿勢は、回る動作をより早くする為に手を使います。

 

 

頭は膝の下にもっていくようなつもりで背中を丸めますが、それを加速させるために腕を使って水を押さえ、回転を速くさせるのです。
イメージとしては、手のひらを向けたまま頭のほうに持っていく感じで,、この時に手を使うか使わないかで、回るスピードがかなり違ってきます。

 

 

一連の流れとしては、壁の2メートルくらい手前で最後のひとかきを終えたら、両腕を体側に沿って伸ばして手のひらを前にする姿勢になります。
背泳ぎのターンの入りも、クロールと同じように、素早い回転をする為に手を有効に使いたいので、ターン直前の姿勢は両手は体側に揃えて、手のひらを前に向けます。

 

 

泳いでいる状態なら、プールの底に手のひらが向ぃくようなります。
背泳ぎはルール上、ターン動作に入る時に身体が90度以上傾いてからひとかき出来ますので、この動作もしっかり入れて両腕を揃えるようにすることがコツです。

 

 

いずれにしても、クロールでも背泳ぎでも、泳ぎの一連の動作から減速することなく、ターン動作に入っていくことが理想です。
なお、いきなり水の中でやると難しくなるので、まずは陸上で正しい動きを覚えて、それから泳ぎの練習を行うのが効果的です。

 

 

この世界水泳選手権大会リレーコーチ 村上二美也、古賀哲也指導の水泳スタート&ターン攻略プログラムDVDでは、タイムロスしないために、選手たちの実際の動きの悪い点を指摘しながら陸上で手のひらの使い方を中心にターンの入りの姿勢のポイント、更には練習方法なども、すぐ実践できるように映像で分かりやすく解説してあります。

 

減速しないクロールと背泳ぎのターンの入りの練習方法をお教えします!

 

水泳スタート&ターン攻略プログラムの詳細を見てみる