ターンで壁を強く蹴る

水泳のタッチターンでもクイックターンでも、泳ぎの一連の動作から減速することなく、ターン動作に入っていくことが理想ですね。
それには脚をたたんでコンパクトに、抵抗なく行うことが必要な技術になります。

 

壁を強く蹴る

 

ターンはストローク動作の一環ですから、水を掻いた勢いを使いながらターン動作に入ることで素早く回ることが出来るようになれます。

 

 

ただ、素早く動作することも大事ですが壁をしっかり蹴って加速することも更に重要です。
それには、一番力が発揮できる膝や股関節の角度を作って壁を蹴ることです。

 

 

最初は動作がゆっくりなってもいいので、壁を蹴った時に、自分の身体を最も強く押し出すことが出来る膝と股関節の角度で壁に足を着けられるように練習をすることが大切です。

 

 

そして、足が壁に着いたら、膝と股関節を伸ばして強く蹴り出して加速をしていきましょう。
この時のポイントは、足と頭の位置が一直線上にあることです。
そうでないと体が曲がって出てしまうようになり、十分な加速をターンで得ることが出来なくなってしまいますし、大きなタイムロスになってしまうことがあります。

 

 

また、クイックターンで足が大きく上がり遠回りするような動作をしたり、タッチターンなら壁に手をついたあとに、体を上に持ち上げてしまうような動作をしてしまう人がいますが、これも大きなロスになってしまうので注意が必要です。

 

 

イメージとしては、泳いできた方向に、そのまま跳ね返っていくような感じでコンパクトに動作すること意識することです。
尚、壁を強く早く蹴るには、接地した時にスクワットをしたときの姿勢をイメージしながら練習していくといいかと思います。